学生ローンは基本的にネットで申し込みが一般的になり、業者が運営するサイトにアクセスしてネット経由で進めていく事が望ましいです。ネットで申し込みを行う時には入力フォームに必要事項を入力して、その内容に不備が無いか等を審査で確認されていくのですが、学生ローンはネット受付だけしか対応していない所も多いのです。

申し込みフォームには沢山の記入事項があり、氏名や年齢、性別、本人に連絡可能な電話番号、居住形態、実家住所や実家電話番号、学校や学年、バイト先情報、振込先口座等の情報、業者が指定する要素を埋めていく必要があります。バイト先や学校を記載する事が求められますが、これは在籍確認連絡が行くわけではないので、在籍している学校やバイト先に電話連絡がいく事は無いと言えます。

もちろん利用後に延滞や滞納を行ってしまえば、電話連絡に繋がる可能性がありますが、ルール通りに使っていれば連絡が来る事は無いです。サイト経由で入力フォーム記載を行い、審査に必要な書類をメール添付等で送信して、そこから電話連絡等が来て、アルバイト等の詳細情報を聞かれたり、利用方法や返済方法の確認、そうしたやりとりを経て、融資しても問題無いと判断されれば契約に進みます。偽りが無い回答を行う事が必要であり、虚偽情報があると分かれば審査で不利になりますから、正直に申告する事が必要です。